みなさま、こんにちは。

 

今回は自社製品、自社ブランド品について。

 

こちらは新年早々に織り上がって参りました白生地です。

 

 

弊店が守り続けている品物の一つで厳密に申しますと、着物文化から途絶えたものを復活させました。

 

製造のことをご存知の方はお分かりと思いますが、品物を作るにはロットが関係します。

 

1反(本)、2反(本)で職人が作ってくれるわけでもなく、これから新たに出来上がってきます。

 

守るべきものは積極的に資本を投入して守っていく。(職人も技術も文化も守っていく。)

 

「生地から作るの?」「遠回りやん!!」

 

よく言われますが、自信があって自社ブランドとして確立したのだから、世の中に流通させたいし、すると確信しています。

 

この生地で振袖・色留・訪問着・付下げ・色無地・・・の制作にかかります。

 

お客様から「めっちゃええのん出来ましたわ〜」「石原さん、ありがとう」のイメージまで既に出来上がってます(笑)

 

 

右下に「泉佐野 石原呉服店 謹製」の文字が刻まれており、

 

謹製とは・・・相手(お客様)を敬い、失礼のないように心をこめて作ったもの。を意味し、

 

また品物に対して弊店が責任を持つということである。

 

 

お店をするって夢があると思いません??

 

いろんな視点で可能性もあり、不安もあり、やりがいもある。

 

皆様、活気と運気アップの石原呉服店へようこそ!!笑

 

 

今回はここまでです。有難うございました。

 

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://blog.ishihara-gofuku.com/trackback/279

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「家庭教育学級の利用価値」の巻き
    若旦那
  • 「家庭教育学級の利用価値」の巻き
    Y兄貴
  • 「日根野小学校・家庭教育学級に石原呉服店が登場します!!」の巻き
    若旦那
  • 「日根野小学校・家庭教育学級に石原呉服店が登場します!!」の巻き
    TK
  • 「今回は泉佐野・ものづくりガイド・匠 に初登場しました」の巻き
    若旦那
  • 「今回は泉佐野・ものづくりガイド・匠 に初登場しました」の巻き
    ちょび
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    若旦那
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    mickey
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    若旦那
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    Yome

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM