「2019年ラグビーワールドカップ抽選日に・・・」の巻

 

 みなさま、こんにちは。

 

やっとこ何とかブログが追いついてきました。

 

5月10日。

 

ラグビーファンの私には特別な1日となりました。

 

 

その日は京都迎賓館でラグビーワールドカップの抽選会を前に、

 

下鴨神社に於いて式典&神事が行われるということで関係者の方に

 

お声掛け頂きました。

 

ラグビー強豪国の関係者、日本ラグビー関係者、財界人、マスコミ関係者など

 

錚々たる方々の中に・・・私・・・ここでいていいんかな!?

 

見た目は日焼けして、そこそこガッチリ体型。ラグビー関係者っぽくもあり、

 

マスコミ関係にもいそうな雰囲気も出つつ、アリだったんでしょう(笑)

 

 

そして蹴鞠の神事も間近で

 

 

この蹴鞠の精神とは・・・

 

勝ち負けはなく男女の差もない和をもって尊ぶ。

 

ラグビー精神・・・

 

one for all all for one に通ずると。

 

 

雨上がり早朝の下鴨神社は静けさの中にラグビーらしい

 

温かい雰囲気の式典でした。

 

 

 

帰りには記念品も。嬉しい!!

 

私も知りませんでしたが下鴨神社の糺の森(ただすのもり)は日本ラグビー発祥の地でありますので

 

このような式典が行われました。

 

大人になって益々ラグビーが好きになっております私。

 

またこのような御縁を賜りまして感謝です。

 

 

 

 


「どこかの観光協会のポスターみたい」の巻

 

 やっとブログの更新できます。

 

そしてまだGW中の話題ですみません。

 

 さてさて私の地元には「まくら祭り」という春祭りがございます。

 

(※このブログにも何度と登場する話題です)

 

今年は自分の村が当番ではないのですが、盛り上げ役&賑わし役ということで

 

助っ人を自ら名乗り出ました。

 

そう!!

 

このお祭りの笛を吹けるのは数人でまさに絶滅危惧種的な存在だと自負しておりますもので(笑)

 

 

「芸は○○を助けます!!」

 

お祭り当番の村の皆さんにも大変喜んで頂けたようでした。

 

そして何より町会長をはじめとする役員さんが快く助っ人を受け入れて下さったこと。

 

この判断。この新しい1歩は物凄く意味のある大きな1歩です。

 

こんなお調子者が大切な橋渡しをさせて頂けたんだと思っています。感謝!!

 

 

で、今回の題名の奇跡の写真(笑)

 

まるでどこかの観光協会のポスターみたいな1枚

 

 

この後、日焼けで苦しむ若旦那というオチです(笑)

 

お写真撮って頂いた方、有難うございました。

 

 

 


「夏の着物に虎を描くとな・・・」の巻

 

みなさまGWいかがお過ごしでしょうか?

 

弊店では、今年は暑くて暑くてスクール部の衣替えに追われております。

 

そんな中、非常に燃えるご注文を頂きました。

 

8月の結婚式に着用される夏の着物へ「虎」を描いて欲しいと。

 

大阪市内で3軒の呉服屋さんに断られ、とうとう泉佐野へ辿りつかれました。

 

こんな田舎のお店ですが、なかなかやりまっせ(自分で褒めておこ・・・笑)

 

 

今後は呉服屋さんの「あり方」もはっきり分かれてくるのではないでしょうか。

 

仕入れた品だけを販売するお店。もの創りのご提案もできるお店。

 

もの創りは非常に手間も時間もかかります。

 

でもお客様と一緒に感動を味わえるとっても素敵な仕事だと私は思います。

 

 

 

今回のご注文で着物を創る方法は、まだまだ無限の可能性を秘めていると確信しました。

 

そして頭の中の「閃き」と「情景描写」。

 

あと1番大事な楽しい!!ワクワク!!の気持ちかな。

 

 

着物を創ってみたいと思われるお客様、どうぞお気軽にお聞きください。

 

全国どこでもお伺いもしますのでね。

 

 

 


「創作キモノができるまでシリーズ。ついに東京進出」の巻

 

 みなさま、こんにちは。

 

田舎者の私ですが、ついに東京でもお仕事をさせて頂けるようになりました。

 

 

 

いつぶりの富士山でしょう。

 

富士山を見て日本人だけでなく外国人の方も感動するの分かります。

 

やっぱり写真撮ってしまうよね。

 

 

 

さて東京まで約4時間。

 

ドキドキしながら頭の中では長渕剛の「とんぼ」が流れていて

 

死にたいくらいに憧れた・・・花の都、大東京。。。♪♪

 

東京って街に憧れがあった自分に気づくという(笑)

 

 

 

到着後、打ち合わせは目黒にある素晴らしい社内(東京タワーとスカイツリーが見える会議室)にて。

 

5時間にわたっての熱く楽しい着物談義と新しいプロジェクト・・・もう夜になっちゃった状態。

 

 

私、着物のこと、やっぱり好きなんやろね。

 

時間が経つのも忘れるやなんて・・・

 

お客様も同じく着物のこと好きなんやろね。

 

永遠と続くキャッチボール。最高・最幸の時間でした。

 

 

 

お着物を創るにあたって1番大切な部分がお客様との信頼関係です。

 

お客様を思ってイメージを膨らませて、どんな些細なことでも、心を開いてもらえ、ご要望お聞きする。

 

 

来月はお聞きした要望が図案になっておりますので、お客様に出来上がりを確認をして頂きます。

 

 

今回が第1回目の打ち合わせですので、創作キモノが出来上がるまでをお伝えできればと思いますので、

 

これからもお楽しみに。

 

 

 

 

 


「大阪初の商品がうちでええんかいな!?」の件

 

 みなさま、こんにちは。

 

弊店も入学式も終わりようやく呉服モードへ突入します。

 

さてそんな中、1本の電話が・・・

 

業者A「愛知で帯の製造をやっております○○と申します。」

 

業者A「これからお伺いしても宜しいでしょうか?」

 

 

私「え?今から?・・・急にそんな・・・買うか分かんないし・・・」

 

私「見るだけでもよかったら、どうぞ!!」

 

めっちゃ怪しいやん。

 

そして夜の6時。

 

お越しになりました。

 

 

 

こちらに出向いた経緯(覚悟)、会社の方針、将来の展望・・・

 

いろんな話を聞き(もちろん品物の説明も)ました。

 

京都だけでなく産地からの話は非常に勉強になり、いろんなヒントが隠されているので

 

すごく好きなんです私。

 

ここで価値観と品物が合致したので即契約させて頂きました。

 

 

しかも大阪初!!

 

梅田や難波やなくて”うち”って!!なんでやねん!!笑

 

有難うございます。

 

仕入れた品物も24時間以内にお嫁に行きました。

 

もう1本は看板娘です。

 

 

せっかくなので少し商品説明をします。

 

まずは「生繰り」という、生きたままの蚕から糸を引きます。

 

普通は熱処理(ドライヤーでカラカラにして)してからがほとんどで、

 

熱処理をしますと糸に「つや」が失われるといいますか・・・

 

髪の毛と同じでパサパサ?潤いが・・・みたいな話ですね。

 

 

なので糸につやがあり、しかも手織りときた。さぞかし高価と思いきや。

 

なんと33000円。

 

この発色具合に、このコスパ。いかがでしょうか。

 

 

また新作もまた出来上がってきますので、ご興味のあられる方は

 

お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 


「38歳になりました若旦那」の巻

 

みなさま、こんにちは。

 

去る3月29日は38回目の誕生日でした。

 

多くの方からお祝いのメッセージを賜り有難うございます。

 

お祝いのお言葉をくださった全ての方にお礼のメッセージお送りしました。

 

皆さんのお顔を浮かべながらの返信は楽しい時間でした有難うございます。

 

 

家業を背負うことは時は孤独を感じ、判断に迷うこともあります。

 

だけど、自分にはこんなにたくさんの友人、先輩、後輩、教え子、お客様、仕事仲間・・・

 

に支えられて「ひとりじゃないんや!!」ホンマに有難く思います。

 

 

この38歳も勝負!! 毎年勝負してますけど。。。笑

 

よろしくお願い致します。

 

 

 

石原呉服店 facebookページです。
ja-jp.facebook.com/ishiharagofukuten/

 

 

こちらも是非ご登録(いいね!)下されば幸いです。

 

リアルタイムな投稿などが楽しめますので♪♪

 


「石原呉服店が海外旅番組のロケ地に」の巻

 

みなさま、こんにちは。

 

先月の末でございます。

 

弊店が(生まれ育った我が家が)タイの人気旅番組にロケ地となりました。

 

何か変な感じですね。信じられません。。。

 

 

初め日本の朝日放送系列(ABC)の方との予約電話でのやり取りなんですが(笑)

 

私「何人染物体験されます?」

 

A「3人です スタッフは10人くらいでお邪魔します」

 

私「着付けはどうされます?」

 

A「1人お願いします。女の子1人で。」

 

A「でも3人とも男の子なんです。」

 

私「・・・3人男の子で・・・1人女の子。4人ですか?」

 

A「3人ともオネエで1人女の子です。」

 

この時点でやっと飲み込めまして未知の設定にワクワクドキドキのはじまりです♪♪笑

 

 

こちら当日のタレント・アイドルさん3人です。

 

現地では人気があるようで番組のMCなどをされています。

 

特にこの女の子はTwitterフォロー300万人。

 

この子が商品を宣伝すると爆売れするという(昔でいうアムラー!?的なわかりませんけど・・・笑)。

 

 

 

めっちゃ可愛くて本当に男の子なのか??

 

本当に分からない!!頭の中が混乱です(笑)

 

 

 

そして初めて覚えたタイ語「チャイ・チャーイ」

 

日本語でいう「そう・そう〜」のニュアンスです。

 

このキーワードさえあれば笑いはとれると確信の元、非常に楽しい

 

撮影会となりました。

 

 

なぜに関西人は人を笑わせたがるのか・・・これこそ関西人のおもてなしの

 

技術だと思います。

 

日本に来られる外国人観光客の滞在時間と、出会える日本人の数を考えると、

 

弊店を訪れるお客様の目に、私は日の丸を背負った日本代表になっているでしょう。

 

これからも日本の良いところを笑いを交えて伝えていけたらと思っています。

 

 

今回は皆さんに笑って笑って楽しんで頂けて良かったです。

 

 

 

 

ちなみに本日の若旦那の勇姿は3月26日、4月2日に放送されます。

 

番組はタイ国内での放送だけでなくインターネットでも公開されるとのことですので、

 

是非チェックしてみてください。

 

GMM25 LIVE

http://gmm25.com/live

 

 

ではまた次回をお楽しみに。

 

 

 

 

 


「いろはにキモノ 大政 絢さんの着物&帯」の巻

 

 みなさま、こんにちは。

 

今回は2月20日発刊の「美しいキモノ春号」付録(今回のみ付録)

 

「いろはにキモノ」へ掲載頂きましたお話です。

 

※いろはにキモノとは・・・お着物初心者の方や、これからお着物を始めたい方が

 

気軽に手に取りやすい雑誌です。

 

 

 

そして今回、弊店の着物と帯を着用頂いたのがモデル&タレントの大政 絢さん。

 

初めお話を頂いた時はお名前を聞いてもピンとこず・・・

 

某TV番組の林先生の・・・これでもピンとこず・・・

 

「もう何て世間知らずな自分なんや」と反省に至りました。笑

 

 

だから色んな人に「大政さんって知ってます?」

 

なんて聞いたりして、世間ではどんな感じかリサーチしていると結構有名なんです。

 

 

ここで感づきました!!私!!はい!!

 

今までの経験上、ブレイク中のタレントさんや大物女優さんに着用して頂くと

 

雑誌内での取り上げ方が違うと・・・

 

これはもしや!!

 

表紙なんてことも!!

 

 

 

表紙を飾るという大きな夢はまた次回になりましたが、

 

巻頭で大きく取り上げられました。有難うございます。

 

 

 

春らしい優しい雰囲気を演出しながらも、花びらの帯がきっちりとアクセントになってくれました。

 

 

ここで皆さん、大政さんのコメントは決してやらせではないです!!笑

 

必見必見!!

 

めちゃめちゃ嬉しいじゃないですかぁ〜 最高のお褒め言葉。

 

初めは名前すら分からなかったのに・・・って。

 

本当に失礼しました。

 

 

こうやって少しづつ自分が良いと思う品物が、世間で認められて活躍してくれて

 

嬉しいです。(品物は自分の分身だと思っていますので)

 

 

これからも少しづつ発信して参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 


「制服のいしはらより」のまき

 

 みなさまこんにちは。

 

いよいよ2月も中旬に突入です。

 

この時期は弊店も学校関係のお客様が沢山お見えになります。

 

★特に土曜・日曜のお昼からは大変込み合います。

 

私どもも出来るだけ手際よく、お待たせしないように努力はしているんですが、

 

どうしてもお待たせしてしまった場合はすみません。

 

そこで狙い目のお時間をお知らせします!!

 

ずばり!!

 

夕方の5時以降は比較的空いております!!

 

弊店は7時半まで営業していますので、その時間までにご入店して頂ければ、

 

ゆっくりと見ていただけると思います。

 

 

毎日とても寒い日が続いておりますので、お子様、親御様、

 

お体には充分お気をつけて下さいませ。

 

有難うございます。

 

 


「自社製品 自社ブランド品とは・・・」の巻

 

 みなさま、こんにちは。

 

今回は自社製品、自社ブランド品について。

 

こちらは新年早々に織り上がって参りました白生地です。

 

 

弊店が守り続けている品物の一つで厳密に申しますと、着物文化から途絶えたものを復活させました。

 

製造のことをご存知の方はお分かりと思いますが、品物を作るにはロットが関係します。

 

1反(本)、2反(本)で職人が作ってくれるわけでもなく、これから新たに出来上がってきます。

 

守るべきものは積極的に資本を投入して守っていく。(職人も技術も文化も守っていく。)

 

「生地から作るの?」「遠回りやん!!」

 

よく言われますが、自信があって自社ブランドとして確立したのだから、世の中に流通させたいし、すると確信しています。

 

この生地で振袖・色留・訪問着・付下げ・色無地・・・の制作にかかります。

 

お客様から「めっちゃええのん出来ましたわ〜」「石原さん、ありがとう」のイメージまで既に出来上がってます(笑)

 

 

右下に「泉佐野 石原呉服店 謹製」の文字が刻まれており、

 

謹製とは・・・相手(お客様)を敬い、失礼のないように心をこめて作ったもの。を意味し、

 

また品物に対して弊店が責任を持つということである。

 

 

お店をするって夢があると思いません??

 

いろんな視点で可能性もあり、不安もあり、やりがいもある。

 

皆様、活気と運気アップの石原呉服店へようこそ!!笑

 

 

今回はここまでです。有難うございました。

 

 


| 1/29PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

archives

recent comment

  • 「家庭教育学級の利用価値」の巻き
    若旦那 (10/31)
  • 「家庭教育学級の利用価値」の巻き
    Y兄貴 (10/25)
  • 「日根野小学校・家庭教育学級に石原呉服店が登場します!!」の巻き
    若旦那 (10/20)
  • 「日根野小学校・家庭教育学級に石原呉服店が登場します!!」の巻き
    TK (10/20)
  • 「今回は泉佐野・ものづくりガイド・匠 に初登場しました」の巻き
    若旦那 (07/29)
  • 「今回は泉佐野・ものづくりガイド・匠 に初登場しました」の巻き
    ちょび (06/10)
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    若旦那 (09/13)
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    mickey (09/12)
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    若旦那 (09/07)
  • 「ずっと気になっていた・・・近所のカフェに・・・」の巻き
    Yome (09/06)

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM